20代・30代の方から見られる更年期障害と似た症状「若年期更年期」。通称プレ更年期とも言われ、その場合には、自律神経バランスの乱れが主な原因とされています。自立神経を整えるためにはストレスなどを取り除いたり、適切な治療を受けることで、治る可能性が高いものです。

更年期の知恵袋

20代・30代にも起こる若年性更年期障害とは?その症状や原因

投稿日:

「更年期障害が表れるのは50歳前後の女性のみのはず。30代の私にどうして更年期のような症状が出ているのだろう」最近はそんな悩みを抱える20代・30代の女性が増えてきています。

一昔前までは更年期障害といえば、お母さん世代の40代後半~50歳前半の女性が悩む症状として知られていました。

でも最近では、その年代よりずっと若い女性たちにも見られる症状となってきているのです。

若年性更年期障害とは

若年性更年期障害とは、本来妊娠や子育てに最も適しているはずの20代・30代の女性に起こる、更年期障害に良く似た症状のことです。

では若年性更年期障害はいつから?そしてなぜ起きるのでしょうか。

若年性更年期障害と更年期障害の違いとは

若年性更年期障害と更年期障害の大きな違いとして挙げられるのは、閉経しているかどうかということです。

もちろん若年性更年期障害の症状の中にも、「生理が不規則になる」「生理が止まってしまった」という症状はあります。ただし、若年性更年期障害のそういった症状は、なんらかの原因があって起きている場合がほとんどです。

一方、更年期障害の場合には同じような症状があっても、その原因が「加齢による卵巣機能の衰え」にあります。

つまり、若年性更年期障害の場合には、卵巣機能には問題がないので、治療をすれば元通りになる可能性が高いのです。

更年期障害の場合には生物的な理由による加齢から来ているものなので、あまりにも症状が強くてつらい場合には緩和する治療を行う場合もありますが、基本的には治療は行いません。

このことが若年性更年期障害と更年期障害の一番の違いといえます。

若年性更年期障害の原因として考えられることとは

若年性更年期障害の原因としてまず考えられるのは、「自律神経の乱れ」です。

自律神経失調症という病名でも知られている自律神経とは、私たちが寝ているときも起きているときも24時間休みなく働いている神経のことです。

自律神経には、循環器・呼吸器・消化器・内分泌機能・生殖機能の働きや、発汗や体温調節、代謝の調整する大きな役割があります。

自律神経は交感神経と副交感神経から成っており、昼間は交感神経、夜間や寝ている間には副交感神経が優勢となって働いています。

この2つの交感神経が絶妙なバランスを取りながら、私たちが快適に過ごせるよう働いてくれているのですが、強いストレスなどが加わってしまうと、このバランスが崩れてしまうことがあります。

交感神経・副交感神経のバランスが崩れてしまうと、身体のあらゆる調整が崩れてしまうため、様々な体調不良を起こしてしまうのです。

若年性更年期障害の症状が、更年期障害と同じように心身のいたるところに表れるのは、身体のあちこちに張り巡らされている自律神経が乱されてしまうことによるものです。

若年性更年期障害の症状とは

更年期障害の症状として代表的なものには、「ホットフラッシュ」「異常な発汗」「めまい」「倦怠感」「イライラ」「ウツ状態」などがありますよね。

若年性更年期障害の代表的な症状としては、「顔のほてりや発汗」「イライラ」「頭痛・肩こり」「疲れやすい」「不眠」などがあり、更年期障害と非常によく似ています。

「もしかしたら若年性更年期障害?」そう思ったときにはセルフチェックを

まだ20代・30代なのに、上記で挙げたような更年期のような症状を感じていて「もしかしたら若年性更年期障害かもしれない」と思ったときには、まず簡単なセルフチェックをしてみましょう。

その方法はとても簡単で、下記に挙げる症状のうち5つ以上が当てはまる場合には、若年性更年期障害の可能性があるといえます。

  • 月経不順
  • 手足の冷え
  • 頭痛やめまいが続いている
  • 肩こり・腰痛で悩んでいる
  • 倦怠感が強い
  • いきなり汗が出て止まらなくなる
  • 特に理由はないのにイライラする
  • 寝つきが悪くなった
  • 息切れ・動悸
  • 顔がほてる
  • やる気・元気が出ない
  • 肌のカサつきが気になる

このチェック項目はあくまで簡易的なものなので、5つ以上に当てはまったからといって若年性更年期障害というわけではありません。

もし強く症状を感じている場合には、該当するチェック項目の数にかかわらず、医療機関の受診をおすすめします。

もしかしてこれって更年期?体の変化や症状をセルフチェック!

若年性更年期障害は治る可能性が高い!

若年性更年期障害は、更年期障害と非常によく似た症状です。

でもその根本的な原因となっているのは、更年期障害は「加齢による卵巣の衰え」であるのに対して、若年性更年期障害は「ストレスによる自律神経バランスの乱れ」であり全く異なっています。

更年期障害は症状が日常生活にも支障があったり辛さを感じている場合には、その症状を和らげる治療を行いますが、根本的には治療は行いません。

一方、若年期更年期障害の場合には、自律神経バランスの乱れの原因となっているストレスなどを取り除いたり、適切な治療を受けることで、治る可能性が高いものです。

若年性更年期障害を疑った場合には不安になりすぎることなく、ゆっくり休んだり、場合によっては適切な治療を受けることがとても大切ですよ。

-更年期の知恵袋

Copyright© 40代からの更年期予防・対策ナビ , 2018 All Rights Reserved.