更年期の主な症状

更年期でうつになる原因とは?症状や治療方法・予防について

投稿日:

女性であれば誰でもいつかは訪れる更年期。

人によって症状の種類・重さは様々ですが、中でも気をつけて欲しい症状がうつです。

『まさか自分が更年期なんて』と誰でも思いますが、いつ訪れるかわからない更年期の予防を早めにしておくに越したことはありません。

ここでは更年期のうつの症状・予防などについて紹介して行きます。

なぜ更年期でうつになるのか?原因とは

40代から50代の閉経前後の女性は更年期と呼ばれる時期に入ります。

この時期には卵巣から出る女性ホルモンのエストロゲンの分泌が急激に減少し、ホルモンバランスが崩れることにより、今まで無かったさまざまな症状が現れ出すのです。

症状は主に2種類あり、1つがホットフラッシュなどの血管運動神経系の症状、もう1つが不安感・イライラ・うつなどの精神神経系の症状です。

女性ホルモンであるエストロゲンの低下は、神経伝達物質の脳内物質を不安定にすることで、気分の落ち込みや不安を引き起こします。

これに加え更年期の不快な症状、家庭や仕事でのストレスなどにより、うつなどの病的不安が引き起こされやすくなります。

一般的なうつと更年期のうつはどうちがう?

体がだるい、何かをすることが億劫に感じてしまう、家の掃除など今までできていたことができなくなった、落ち込みやすくなったと言った症状は更年期によく起こります。

これは卵巣機能の低下によりホルモンバランスが崩れ、引き起こされるものです。

しかし更年期に起こるうつっぽい症状のすべてを『更年期だから仕方がない』と決めつけて対処をしないのは危険です。

実は一般的なうつと更年期のうつは違うものです。

かと言ってこの2つは簡単に見極めがつくものではなく、時として両者が重なり合って症状が出ているときもあるのです。

一般的なうつを『更年期だから』と放っておくと、症状が悪化し、やがて日常生活にも支障をきたします。

最悪な場合、自殺願望を持つまで自分を追い込んでしまう場合があるので非常に危険です。

このような更年期の症状ではないうつの場合は、精神科や心療内科などでの治療が不可欠です。

症状が軽いからと楽観視せずに、一度病院に相談することが大切です。

どの病院のどの科を受診すればわからないときは、まずは更年期障害の治療を行なっている産婦人科を受診してホルモン療法などを受けてみましょう。

ホルモン療法はうつや不安などの精神神経系の症状の改善だけでなく、ホットフラッシュなどの血管運動神経系の症状の改善にも効果的です。

専門医でも判断が難しいうつの診断を、素人が行うことは大変危険です。

思い当たることがあるときは、必ず病院に行きましょう。

更年期のうつの症状

  • 憂うつ
  • 漠然とした不安を感じる
  • イライラする、怒りやすくなった
  • 落ち込みやすくなった
  • 涙もろくなった
  • 体がだるい、疲れやすくなった
  • 今までできていたことができなくなった
  • 食欲不振
  • 眠れない

上記が更年期のうつの代表的な症状になります。

しかしこの症状は一般的なうつの症状にも当てはまるので、自分の症状と同じだと思っても更年期のうつとはかぎりません。

次ではどうやって更年期のうつを治すことができるのか紹介して行きます。

更年期のうつはどうやって治す?治療方法

・病院で治す

病院で更年期のうつを治療する場合はホルモン補充療法(HRT)が効果的とされています。

この治療は、更年期で分泌量が少なくなった女性ホルモン・エストロゲンを補充する療法です。

エストロゲンの乱れが緩和されれば、うつなどの真意的な症状の緩和はもちろんのこと、ホットフラッシュなどの身体的に不快な症状も抑えることができます。

保険も適応されるので自己負担が少なく、更年期障害の症状を緩和する上で最も期待されている治療法です。

ホルモン補充療法と同じく、更年期の症状に有効とされているのが漢方薬による治療です。

東洋医学から生まれた漢方は歴史も長く、複数の症状に対して効果が現れるので、多彩な更年期の症状を持つ人におすすめの治療法です。

検査では症状が見つけることができなかったなどの、不定愁訴の治療は漢方治療がもっとも向いているとされています。

体にも優しい成分で、の人の体質や体格などを考慮して処方され症状の改善をサポートしてくれるので人気の治療法です。

しかし、体に合わない場合は他の漢方薬に切り替える必要があるなど、根気が必要な治療法でもあります。

ホルモン補充療法を実施してもうつ症状が緩和されなかった場合には、抗うつ薬や抗不安薬が使用されます。

薬の投与に加えて、カウンセリングなどの心理的な治療も行われるのが一般的です。

症状を持っている方だけでなく、家族などの周りの理解も必要なので1人で悩まず誰かに相談をするようにしましょう。

・ご自身で治す
更年期の少女に有効とされているのが、ウォーキング・ジョギングやヨガなどのなどの有酸素運動とされています。

日頃運動していない人はあまり無理をせず、一定期間楽しんで続けることができるような運動方法を選ぶようにしましょう。

運動の他にも食生活でのケアも重要です。

更年期には心身の健康バランスをくずしやすくなり、栄養が過剰あるいは欠乏状態になることがあります。

何かを食べていれば更年期は治ると言った魔法のような食べ物はなく、バランスのよい食事が一番です。

その中でもおすすめなのが和食で、主食:副菜:主菜=3:2:1の理想のバランスを守るように心がけましょう。

適度な運動と、バランスのとれた食生活でも補いきれない文をサプリメントでサポートするようにしましょう。

うつを予防するために

更年期症状の予防のために積極的にとったほうがいい成分は、『エクオール』です。

エクオールはエストロゲンとよく似た働きをする成分であり、女性の体内でも生成される成分です。

期待される効果としては、更年期症状の改善、抗酸化作用、骨粗しょう症予防など女性にとっては嬉しいものばかりです。

大豆製品を食べると腸内でエクオールが作られるのですが、実は日本人の2人に1人はエクオールを体内で作ることができないとされています。

そしてエクオールを体内で作れない人ほど、更年期の症状が重いとも言われているのです。

そこでおすすめなのがエクオールをサプリメントで摂取する方法です。

1日1回から3回ほど食後にエクオールが配合された錠剤を水で飲むだけなので、とてもお手軽に更年期の予防を行うことができます。

現在では更年期症状の改善のために様々なエクオールのサプリメントが販売されています。

価格や摂取方法、成分などを比べて、自分に合ったサプリメントを選んでください。

また、更年期の症状の予防におすすめの食材は大豆です。

大豆に含まれる大豆イソフラボンは女性ホルモンに似た働きをし、更年期で乱れた体内ホルモンを正常に戻すようにサポートをしてくれます。

体内でエクオールを作れない人でも、大豆製品を積極的にとった方が更年期の予防に繋がります。

また大豆には大豆イソフラボンだけでなく、タンパク質やミネラル、ビタミンも豊富に含まれているので女性には嬉しい食品です。

納豆や豆腐などの大豆食品を、毎日の生活に積極的に取り入れるようにしましょう。

更年期のうつについてまとめ

いかがでしたでしょうか。

更年期の症状の一つであるうつの特徴・代表的な治療法・予防法がわかっていただけたかと思います。

なんども言いますがうつの診断はとても難しいものです。

適度な運動、食生活の改善をしても気分が治らない場合は、病院に行くことをお勧めします。

自分がつらい時は我慢をせずに、周りに相談することも大切です。

更年期と上手に付き合うために、この記事が参考になれば幸いです。

-更年期の主な症状

Copyright© 更年期サプリおすすめ(市販・通販)比較ナビ , 2018 All Rights Reserved.