更年期になると、些細なことでも感情的になってしまうことがあります。その原因はエストロゲン不足からのセロトニン分泌量の低下にあり、深い呼吸やアロマの香りなどで症状を軽くすることができます。さらに日光浴や医療機関での治療をすることで、根本的な解決も見込めます。

更年期の主な症状

そのイライラ、更年期が原因かも!イライラを治したいなら

投稿日:

更年期障害と聞くと、体調面での変化を思い浮かべる方も多いかもしれませんね。

ですが、更年期は心にも影響してくるケースも珍しくなく、イライラなどの症状も出てきます。

ここでは、そんな更年期のイライラに関するお話を、分かりやすくお伝えしていきます。

イライラって…たとえばどんな感じ?

もともと怒りっぽい人もいますが、更年期になったのをキッカケに、以前は穏やかだった人が豹変してしまうこともあります。

少しでもうまくいかないことがあると憤りを感じたり、場合によってはその憤りの矛先が、周囲の人に向いてしまうことも。

そうなると、周囲の人は「何故このようなことで怒るの?」「前はこんな人ではなかったのに」と戸惑い、人間関係にも亀裂が生じるケースも少なくありません。

矛先が自分に向いてしまった場合は、髪を思わず引っ張ってしまったり、ぐしゃぐしゃにしてしまったりと、ヒステリックになることもあります。

常にイライラが続く人もいれば、何かのキッカケで一時的にイライラが爆発してしまう人など、症状は様々です。

イライラしやすくなる原因とは

更年期で以前と性格が変わってしまうなんて不思議ですよね。
その原因は、神経伝達物質の変化が関係しています。

若い頃は、卵巣からエストロゲンとよばれる女性ホルモンが盛んに分泌されていますが、年齢を重ねると卵巣の機能も徐々に低下していくことで、エストロゲンをうまく作り出せなくなってしまいます。

エストロゲンの低下は、同時にセロトニン神経の働きも弱め、神経伝達物質であるセロトニンの分泌も減少させてしまうという特徴も。

セロトニンは、恐怖やストレスを感じた時に増えるノルアドレナリン、快感と深い関係のあるドーパミンの分泌量をコントロールしながら、心のバランスを保ってくれています。
そのため、セロトニンの分泌が減ってしまうと、神経伝達物質のバランスが乱れてしまい、それがイライラを招く原因になっているのです。

さらにセロトニンが不足すると、睡眠に欠かせないメラトニンも合成する力が弱まってしまうので、きちんと睡眠がとれないことで余計イライラしやすくなる傾向があります。

イライラが止まらない!そんな時の「応急処置」は?

今すぐイライラをなんとかしたいという時は、まず呼吸から意識してみましょう。

よく「緊張した時は深呼吸」なんて話を耳にしますよね。
本当に効果があるのか疑問に感じている方も多いかもしれませんが、ゆっくりとした呼吸は、イライラなどで乱れている自律神経を整え、それがリラックスにもつながるので、効果はテキメンなのです。

普通に深呼吸をするだけでもかまいませんが、できれば腹式呼吸がおすすめ。
腹式呼吸はお腹を膨らませたり時間を数える必要があったりと、意識しなければならないポイントが多いので、逆に呼吸に集中しやすいといったメリットもあります。

もっと手軽にイライラ対策をしたい時には、アロマを使うのもいいでしょう。

ラベンダーに含まれる酢酸リナリルは、セロトニンを増やすためのサポートもしてくれますし、カモミールにはイライラで過敏になっている気持ちを鎮めてくれる効果があります。
外出先でもアロマの力を借りたい時には、アロマストラップなどを活用してみてください。

根本的にイライラを治したいなら、何をするべき?

・セロトニンを増やす
先ほどもお話ししましたが、更年期によるイライラは、セロトニン不足が大きく関係しています。
なので、セロトニンを増やしてしまえばいいのです。

セロトニンを増やすには、心療内科などで選択的セロトニン再取り込み阻害薬を処方してもらうことで、脳内のセロトニン濃度を高めることもできますが、薬はやはり副作用も心配になってきますよね。

そこで実践してほしいのが、朝の日光浴です。
日光を目の網膜がキャッチすると、それがセロトニン神経にもダイレクトに伝わり、セロトニンの分泌が盛んに行われるようになります。
ただ、セロトニン神経が活性化するには5分以上かかり、30分以上の日光浴は、逆にセロトニン神経の働きを弱めてしまうことにもなるので、セロトニン神経は意外とデリケート。
なので日光浴をする場合は、できれば15分以上、30分未満で行うようにしましょう。

さらにセロトニンを増やすには、セロトニンを作るための原料補給も欠かせません。
セロトニンは乳製品などに含まれている、アミノ酸の一種であるトリプトファンと、ビタミンB6によって合成されています。
この原料がなければ、いくら日光浴をしても十分なセロトニンの供給は行われないので、サプリなどで積極的に摂取するようにしてください。

本格的に治療に取り組みたいという場合は、婦人科などでホルモン補充療法を受けるという方法もあります。

更年期を引き起こしている、エストロゲン不足を軽くすることができるので、イライラ以外の更年期の症状にも効果的です。

飲み薬だけでなく、貼り薬から塗り薬まであり、体の内側・外側、どちらからでもアプローチすることができます。

じっくり治していきたいという時は、漢方という選択肢も。

漢方は、種類が多いというのも特徴です。
ホルモン補充療法と同様、イライラだけでなく他の症状にも効果を発揮してくれるものもあるため、自分の症状にぴったり合うものを探しやすいというメリットもあります。

イライラを改善するには、まずは原因をしっかり知ることが大切!

どうでしたか?更年期はホルモンバランスだけでなく、神経伝達物質にも影響してくるということに、驚いた方も少なくないのではないでしょうか。

イライラしてしまうと、ふと冷静になった時につい自分を責めてしまうかもしれませんが、このように更年期の時にイライラが募るのは、ある意味自然現象ともいえます。

今回お話ししたように、イライラに対抗するための対処法や改善策は色々あるので、無理のない範囲で試してみてくださいね。

-更年期の主な症状

Copyright© 40代からの更年期予防・対策ナビ , 2018 All Rights Reserved.