更年期の知恵袋

もしかしてこれって更年期?体の変化や症状をセルフチェック!

更新日:

「もしかしてこれって更年期?」そんな風に感じたとき、感じる前に更年期について知っておけると少しホッとするかもしれません。

そもそも更年期とは何か、どんな症状が出るのか、対策はどうしたらいいのか・・・更年期の症状や、チェック方法について詳しく見ていきましょう!

更年期とは?

まず、日本の女性が閉経を迎える平均年齢をご存知ですか?日本では平均50歳で閉経を迎えると言われています。

50歳、わたしは意外とはやいなと感じます(泣)

そして、更年期は閉経をはさんだ前後5年間、つまり約10年間のことを言います。年齢的には45~55歳ですね。

ちなみに・・・生理が始まる初潮って時期が人それぞれです。なので更年期も時期に個人差があるんです。

45歳になったから更年期症状がでるというわけでもありません!

個人差があると言いましたが、最近重要視され始めているのが“プチ更年期”です。

これは医学用語ではありませんが、30代後半から40歳前半の女性でも更年期障害に似た症状が起こり、心身ともに悩まされるケースが増えています・・・

もしかしたら、更年期を調べている方の中にも45歳未満の方がいらっしゃるかもしれません(´・ω・`)

更年期障害ってどんな症状がでるのか?

【自覚症状】

女性が変化を自覚するのは、40代後半からの月経の異常が代表的で、正常な月経周期にあった女性でも、月経周期が短くなる頻発月経がみられるようになります。経過が進むと、無排卵性月経、稀発月経となり、月経血量にも変化がでてきます。

このような変化があると、「閉経が近づいているのかな・・・」と感じますよね。

この時期の女性が実感する他の症状は・・・

  • のぼせ感
  • 疲れやすい
  • 発汗
  • 冷え性
  • 肩こり
  • 憂うつになる
  • 腰痛
  • 不眠

ここに挙げた症状の他にも多くの症状があり、大きく言うと心とからだ、どちらも不調になるということですね・・・。

ここで私が伝えたい更年期の変化が2つあります!

①太りやすくなる

「若い人と同じように食べていたら、体重は増える一方だわ」という風に思っている方いらっしゃるんじゃないでしょうか👀

この時期の体重増加は女性ホルモン(エストロゲン)のせいです!

ホルモンについては後々お話ししますね。

脂肪の代謝速度が女性ホルモン(エストロゲン)の低下により遅くなり、消費エネルギーが減少してしまうためと言われています。

そうは言っても、太りたくない・・・(泣)

②骨粗鬆症

骨は、破壊と再生を繰り返しているんです。

ご存知でしたか?私は、初めて知った時驚きました!

女性ホルモン(エストロゲン)は再生を促進し、破壊を抑制する力を持ってます。女性ホルモン(エストロゲン)が減少してしまうと、破壊の方が上回ってしまいますよね(+o+)

骨粗鬆症は女性が多いというのはこの理由があったんです・・・

女性の中には、症状を自覚しないまま更年期を過ぎる女性もいれば、“更年期障害”に移行する女性もいます。つまり症状の有無にも個人差があるということですね!

できれば、つらい症状を感じないまま更年期を過ぎたいですよね(泣)

どうして更年期に症状が出るのか?主な原因について

まず女性ホルモンについてです♪

月経前になるとなんだかイライラしたり、胸がはったり、肌の調子が悪くなったり経験があるのではないでしょうか?

月経は女性ホルモン(エストロゲン)の働きによって起こります。また、月経前の心身の変化も女性ホルモンがもたらすものです。

女性ホルモンは、思春期から分泌が増え、女性らしくしてくれます。

他にも、妊娠や出産、心臓や血管、皮膚などにも作用して、女性の健康を守ってくれているのです!

この女性ホルモン、30代半ばにピークとなり、卵巣機能が低下するにともない、エストロゲン量は徐々に減っていき、40代半ばからは急激に減少します。

この急激な変化にからだがついていけずに起こるのが“更年期障害”と呼ばれる不調です。

ホルモンのしくみについて、すこし専門的な内容にはなるんですけどお話しておきます♪
女性ホルモン(エストロゲン)の分泌をコントロールするのは脳の視床下部にある下垂体と呼ばれる部分です。

この時点で少し難しいかもしれませんが(>_<)

45歳ごろから、下垂体が分泌の指令を出しても、卵巣機能の衰えによって女性ホルモン(エストロゲン)は出にくくなります。

その後、下垂体はさらに分泌を指令しますが、やはり分泌はされにくい・・・
このために脳が混乱をきたします。

ホルモンの分泌をコントロールする下垂体がある視床下部は、からだの様々な機能を調整する自律神経もコントロールしているため、この混乱が自律神経にも伝わり、のぼせや冷えなど様々な不調が起きてしまうのです。

ホルモンの他の要因って何?

わたしは更年期症状の個人差の原因はここにあると考えています!

それは、環境、人間関係の変化です。

45~55歳というと、子どもの自立や子育てからの解放の時期ですよね。

今まで一生懸命に子育てしていた日々が変化することで言いようのない寂しさを感じるかもしれません。また、自立していても子どもの学校生活、就職なども気がかりですね・・・

仕事でキャリアを積んできた方は中間管理職といわれる立場になり、今までとは異なる人間関係の悩みが出てくるかもしれません・・・

他にも、パートナーや自身の健康、親の介護、住宅ローンの返済、子どもの学費など心理社会的要因が大きく関わっていると思います。

つまり、更年期症状に個人差があり、症状を感じずに更年期を過ぎる人がいるというのは、こういった環境が関連しているのではと考えます!

わたしって更年期?自分で更年期かどうかを調べる方法

更年期の症状には段階があります。

更年期の症状がつらくなる前に対策をしておきたいな・・・わたしはこんな風に思っちゃいます!

そこで初期症状ですね!

更年期の初期症状は、先程【自覚症状】のところでもお話しした、生理不順です。

他にも頭痛、めまい、不眠などから徐々に始まり、気分も落ち込みがちになります。

不眠症状が続いてしまうと、集中力も散漫となりますし、頭痛やめまいの悪化にもつながってしまいます。

できることなら初期段階で対策をしたいですね👀

では、セルフチェックで確認してみましょう!

~更年期セルフチェック~

からだで感じること

  1. 生理のときの出血量が減ってきた
  2. 生理周期が短くなった
  3. 顔がほてることがある
  4. 首から上に汗をかきやすい
  5. 腰や手足が冷えやすい
  6. 息切れ、動悸がする
  7. 便秘しやすい、下痢しやすい
  8. 頭痛、めまい、吐き気がある
  9. すぐに疲れてしまう
  10. 0肩こり、腰痛、手足の痛みがある
  11. ひざや手首など関節が痛むことがある
  12. ダイエットしても体重がなかなか減らない
  13. トイレが近くなった、もらしてしまうことがある
  14. 膣が乾燥してセックスのとき痛みを感じる
  15. 目がかすむ、目が悪くなる

こころのの変化

  1. 寝つきが悪い、または眠りが浅い
  2. 怒りやすく、すぐイライラする
  3. 憂うつになることがある
  4. 以前より涙もろくなった
  5. 固有名詞が思い出せなくなった、忘れっぽい
  6. 小さなことが気になる、昔のことを思い出してこだわる
  7. 以前より判断が遅くなった
  8. 以前より意欲が低下していると感じることがある

肌のこと

  1. 肌がかさついてかゆい
  2. 肌のたるみが気になる
  3. 肌がくすみ出した
  4. しみ、しわが気になりはじめた
  5. 髪の毛のハリがなくなる、白髪が目立つ
  6. 爪が割れやすくなる、爪にすじが入りだした
  7. 口の中が乾く

~結果~

4点以下:心配なし

今のところ、心配はありません。このまま維持していけるよう予防をしたいですね!
そしてチェック項目の症状が増えてきたら早めの対策をしましょう‼

5〜9点:予備軍

更年期の徴候がみられます。少しでも更年期の症状の出現を遅らせ、更年期障害にならないようにするために、対策が重要となってきます。

10〜19点:もうすぐ更年期

更年期を迎えそうな状態・・・。このまま不調が続くと、更年期を迎えます。予備軍同様、今のうちに対策をしましょう!

20点以上:更年期

更年期です。今の気になる症状、つらい症状は、女性ホルモンの低下が主な原因かもしれません。更年期症状の対処はできます!新たな症状の対策と、今の症状の対処をしていきましょう!

女性更年期障害セルフチェック|オルソクリニック銀座

更年期対策をしましょう♪

ストレス発散!!

楽しみがあると、毎日の生活が明るくなります。なんでもいいんです、何か趣味を持つことはストレスの解消にも効果的です。

ホルモンの分泌を助ける

女性ホルモン(エストロゲン)が低下すると何度もお話ししたと思います。

その対策として、夜しっかり寝ることでホルモンの分泌を促します。ビタミンEや亜鉛の摂取も、効果があります。

エストロゲンと似た作用があるといわれるのが・・・インフラボン!

イソフラボンを含む豆腐や納豆、味噌なども、食事に取り入れるようにしましょう。

自律神経を整える

朝おきてまず、日を浴びると、セロトニンという物質が脳内で分泌されます。
セロトニンは自律神経を整える働きがあります。

これは不眠にも効果があるので、夜しっかり眠るためにも朝日を浴びる習慣は大切ですね。また、ビタミンB群は自律神経を調整する働きがあります。

適度な運動をする

有酸素運動は、自律神経を整える効果も高いといわれています。更年期障害を防ぐためにも、適度な運動を習慣にして続けるようにしましょう。

医療機関で診察を受ける

症状が辛いときは、やはり病院です!診察を受けましょう。
一人で抱え込まないで、相談相手を作ることが気持ちを前向きにしてくれます。

男性の更年期について

これまで女性の更年期についてお話してきました。しかし、更年期は女性だけの症状ではありません。

男性の場合は女性より少し遅い50歳代後半くらいから徐々に男性ホルモンが減少してきます。この男性ホルモン(テストステロン)が減少することが要因です!

症状としては、女性の更年期とあまり変わりありません。
男性の特徴としては、勃起障害(ED)、性欲の低下などの性機能の変化により、性生活についての悩みが多いことです。

対策としても、女性と同様になります。男性の場合、医療機関は泌尿器科になりますね!

更年期とうまく付き合っていきましょう

更年期は避けることのできない、人生の通過点です!プレ老年期ともいわれています。

更年期とうまく付き合っていくためには、まず更年期について知り、自分の症状はなにか、その対策はどうすればいいのか、順番にやっていけばうまくいくと思います♪

更年期は「新しい人生の出発」「自己再生の時」「充電期間」など前向きにとらえることも可能です!
理解されにくいこともあるかもしれません。特に男性の更年期は認知度も低いと思います。

ほんとうにつらいときは、身近な人に相談し、更年期サプリを摂取したり、医療機関に行くことも考えましょう!ストレスは天敵です(>_<)

長くなりましたが、更年期とうまく付き合うお手伝いとなればと思います♡

-更年期の知恵袋

Copyright© 更年期サプリおすすめ(市販・通販)比較ナビ , 2018 All Rights Reserved.