更年期を迎えると多くの女性が生理不順や生理痛、不正出血を経験します。しかしながら、こういった症状は婦人科系の重大な疾患の症状ともよく似ている場合があります。食事をはじめ生活習慣を見直すなど更年期特有の症状をやわらげるように心がけながらも、気になることがあれば適切に医療機関を受診することが大切です。

更年期の主な症状

更年期にみられる生理不順や生理痛!月経異常の原因と対策について

投稿日:

閉経を迎えることによって更年期が始まると思っている人は少なくないようですが、実はこれは間違いです。

月経のリズムが今までと変わってきたな、と感じたらそれは更年期のサインで、これ以外にも生理痛がひどくなったり、生理周期前後に不正出血が起きることもあります。

このような体の変化に気が付いたら、更年期の対策として生活習慣などを見直す必要があるかもしれません。

更年期における月経異常の症状

正常な月経周期は、通常25~38日ですが、更年期における月経異常の症状の一つでもある生理不順は、この周期が短くなったり長くなったりします。

このうち、月経周期が24日以下の短い周期で起こることを「頻発月経」、39日間以上期間をおいて起こることを「稀発月経」といいます。

また、更年期を迎えると周期だけではなく、排卵が起こらないことも増え始め、月経の前にわずかな出血があったり、月経後にも出血が続くといったような、正常な月経ではない、不正出血が起こることもあります。

これらは、完全に閉経してしまうと起こらなくなることがほとんどですが、ほかにも月経周期が乱れ始める時期は、下腹部から腰にかけてじわじわとした生理痛が現れることもあります。

生理不順や生理痛が起こる原因

更年期の生理不順や生理痛は、卵巣の働きが衰えることによって起こります。
これらはすべての女性に起こることですが、個人差が大きく、症状は人それぞれです。

なぜならば、これは卵巣から分泌される女性ホルモンに関係していて、卵巣の中の卵胞は、生まれた時から徐々に減り始め、この減り方は人によって異なり、胎児のときにすでに決まっているともいわれているからです。

そして更年期を迎えると、卵巣機能の低下も伴って、卵巣から分泌される卵胞ホルモンであるエストロゲンや黄体ホルモンであるプロゲステロンの量も減少します。

エストロゲンやプロゲステロンの分泌は、脳から卵胞刺激ホルモン(FSH)や黄体形成ホルモン(LH)が分泌されることでコントロールされていますが、更年期を迎えて女性ホルモン自体が減少すると、いくら脳から指令が送られても女性ホルモンは分泌されなくなります。

こうしてホルモンバランスは乱れ、結果として脳は混乱をきたし自律神経にも乱れを生じさせ、ほてりや発汗、冷え、めまい、不眠、うつなどなどといった、更年期特有の不調を引き起こすのです。

また、エストロゲンにはもともと生理痛を軽減する働きがあるため、減少することで生理痛もひどくなると考えられています。

やがて、脳から指令を送るホルモンも卵巣のホルモンもほとんど分泌されなくなると月経がなくなり閉経しますが、これが更年期に生理不順や生理痛が起こる原因といわれています。

更年期の生理不順や生理痛の注意点

更年期を迎えた多く女性が生理不順や生理痛、不正出血を経験します。
しかしながら、更年期だから仕方ないと簡単に判断して不調があるのに放置しておいてはいけません。

これと似たような症状で、女性特有の別の病気が原因となっていることがあるからです。

具体的には子宮筋腫や子宮がん、子宮内膜症といった婦人科系の疾患でも更年期の症状と同じように、大量の出血や月経周期の異常が起こります。

また、婦人科系の疾患以外でも、糖尿病や腎臓病、バセドウ病といった病気の場合、生理不順の症状が見られることがあります。

更年期か別の病気かの見分け方としては、更年期特有の症状もあるかどうかをチェックしてみるとよいでしょう。

例えば、顔が火照ったり、汗をかきやすいなどのほか、腰や手足が冷える、息切れや動悸がする、イライラしやすい、憂鬱になることがある、頭痛・めまい・吐き気がよく起こる、疲れやすいなどといった症状が伴っている場合には更年期が原因の可能性が高くなります。

あわせて、基礎体温を確認するのもよいでしょう。
基礎体温は、卵巣機能の変化を知るバロメーターであり、正常なら卵胞期の低温期と生理前の黄体期である高温期に明確な違いが出るはずです。
これが更年期を迎えると低温期が長く続いたり、高温期が短くなったりします。

このように、日常の変化をを見逃さないためには、日ごろから自分の体と向き合っておくことが大切です。

とはいえ、自己判断に頼りすぎて、重大な疾患を見逃しては元も子もありません。
気になることがあれば早めに婦人科を受診しましょう。

更年期の月経異常への対策

生理不順や生理痛など、更年期特有の症状を少しでもやわらげるためにまずできることは、バランスのよい食生活を心がけることです。

更年期にはホルモンバランスが崩れがちになるため、肉類や油の多い食生活を続けていると、さらにホルモンバランスが乱れる原因となります。

また、更年期のさまざまな症状はエストロゲンの減少によって引き起こされます。
このため、エストロゲンと似た働きのある、大豆イソフラボンを積極的に摂取するように心がけましょう。
大豆イソフラボンは、納豆や豆腐、豆乳、きな粉といった大豆製品に含まれています。

このほか、不正出血によって貧血を起こさないためには、レバーやひじき、きくらげといった鉄瓶の豊富な食材を積極的に摂るのも効果的です。
食事だけでは不十分な場合にはサプリメントなどで補ってもよいでしょう。

そして、ストレスや睡眠不足はホルモンバランスの乱れや自律神経の乱れを誘発します。
しっかりとした睡眠や、ストレスをため込まないことが大切です。

さらに手軽にできる更年期の対策としては、ツボを押してみるのもおすすめです。
生理痛や生理不順、冷えのほか、ほてりなどの症状も和らげる効果があるとされるのは、すねの内側の骨と筋肉の境目にある「三陰交(さんいんこう)」というツボです。
ここに親指を当てて押してみましょう。
位置は内くるぶしの一番高い部分から指4本分上となります。

これら以外の更年期の対策としては、漢方薬を試してみるという方法もあります。
漢方薬はその人の体質や体格などを考慮して処方するため、体に合わないと他の漢方薬に切り替えるといった対応が必要となりますが、ぴったり合えばよく効くことがあります。

とはいえ、、さまざまな方法をためしても改善が見られない場合には、重大な疾患が隠れている可能性もあるため、早めに医療機関へ相談しましょう。

医療機関では血液検査によってホルモン値を調べ、卵巣の状態を知ることができます。
費用も2,000円~5,000円程度なので、大きな疾患を見逃す場合と比較すれば、それほど大きな負担とはいえません。

更年期に差し掛かると生理不順とは区別につきにくい症状の中に、大きな病気が隠れていることもあります。

このため、血液検査以外にも超音波検査などで定期的にチェックすることがおすすめです。
また、更年期は単に不調が続くというだけでなく、体に変化が訪れている時期ととらえ、体が発しているサインを見逃さないようにしましょう。

-更年期の主な症状

Copyright© 更年期サプリおすすめ(市販・通販)比較ナビ , 2018 All Rights Reserved.