埼玉にある更年期外来・病院(婦人科)クリニックを一覧で紹介!更年期障害に関しては加齢とともに起きてしまうことから避けては通れないものですが、決して症状を我慢することはありません。現在複数の緩和方法があることから、自分に合う方法を見つけ、更年期障害に悩まされない人生を送るのがおすすめです。

全国の婦人科

埼玉で更年期障害の治療なら!さいたま市内の病院(婦人科)・クリニック一覧

投稿日:

40代以降になるとホルモンバランスの崩れが自然と起きてしまい、その結果めまいやほてり、イライラ感やうつ状態といった更年期障害が起きるようになってしまうものです。

この更年期障害は避けられないものの、症状を緩和させることは可能です。

ここでは埼玉にある更年期外来・病院(婦人科)クリニックを一覧で紹介していますので、更年期障害の症状が辛いという方は、ぜひ埼玉市内の婦人科で診断してもらってください。

埼玉にある更年期外来・病院(婦人科)クリニックを一覧

■医療法人幸仁会 堀中病院
<公式HP>http://www.horinaka-byouin.com/

診療時間:

月~金

9:00~12:00

住所:埼玉県幸手市東3-1-5

駐車場:有

■医療法人社団げんき会 あゆみクリニック
<公式HP>http://www.ayumi-clinic.com/

診療時間:

月・水・金・土

8:15~12:30

住所:埼玉県春日部市大枝400-4

■医療法人正修会 黒川医院
<公式HP>http://www.kurokawa-med-clinic.com/

診療時間:

月・火・木~土

9:00~12:00

住所:埼玉県川越市菅原町20-21

■前田クリニック
<公式HP>http://www.dr-maedaclinic.jp/

診療時間:

月・水~土

9:00~12:00

住所:埼玉県所沢市緑町3-14-5

駐車場:5台

■医療法人社団松野会 松野記念クリニック
<公式HP>http://matuno.byoinnavi.jp/pc/index.html

診療時間:

月~土

9:00~12:00

住所:埼玉県坂戸市上吉田639

駐車場:60台

■新都心むさしのクリニック
<公式HP>http://s-m-clinic.jp/

診療時間:

月~土

9:00~12:30

住所:埼玉県さいたま市大宮区北袋町2丁目389-1

駐車場:40台

■大原医院
<公式HP>https://www.ohara-omiya.com/

診療時間:

月~土

9:00~11:30

住所:埼玉県さいたま市大宮区桜木町2丁目3-69

■埼玉医療生活協同組合 皆野病院
<公式HP>https://www.minano-hospital.jp/

診療時間:

月~土

8:30~11:30

住所:埼玉県秩父郡皆野町皆野2031-1

■医療法人社団桜和会 さくら医院
<公式HP>http://sakuraiin.byoinnavi.jp/pc/free186684.html

診療時間:

月・火・木~日

8:30~12:30

住所:埼玉県吉川市平沼1692-1

駐車場:40台

■医療法人社団緑恵会 森田クリニック
<公式HP>http://www.moritaclinic.net/

診療時間:

月~土

8:30~12:30

住所:埼玉県比企郡吉見町大字久米田859-1

■医療法人社団 かぞ南内科クリニック
<公式HP>https://www.kazominami.or.jp/

診療時間:

月~土

9:00~12:00

住所:埼玉県加須市南町5-18

駐車場:30台

埼玉県民へ。更年期障害対策の具体的な方法

・医療機関でホルモン補充療法を受けるのは最後の手段です。

更年期障害の症状があまりにもひどく、日常生活もままならない状態の場合には考慮される方法です。

しかしホルモン補充療法に関しては人によっては重大な疾患を発症させるリスクを上昇させてしまうことから、他のどの方法を試してもうまくいかなかった時もしくは患者本人が強く希望する時以外には行われることは少なくなっています。

埼玉にある更年期 婦人科一覧

・鍼灸院の利用も意外に効果があります。

鍼灸は現在全国各地に治療院があり、原則国家資格を所有した鍼灸師が治療を行っています。

鍼灸師は原因不明の体調不良などを体質改善をすることによって治していくという理念のもと治療を行っていて実際に治療を受けて更年期障害の症状が落ち着いたという人も多くいます。

医療機関を受診して更年期障害を診断されて思うような治療ができない場合には、基本自費ではありますが鍼灸院の利用も検討すべきです。

必見!更年期障害の鍼灸症例(埼玉県幸手市のおかだ鍼灸院) 

・漢方薬の利用が主流です。

漢方薬は鍼灸と同様、症状に対して効果をもたらすというよりは体質改善で服用して症状を緩和させるというものです。現在漢方薬で更年期障害の症状を緩和させているという人はとても多く、医療機関でもよく処方されています。

漢方薬に関してはドラッグストアなどで市販のものを購入することも可能ですが、医療機関では自分の症状や体質に合わせて処方してくれることも多いのでできれば漢方薬を処方してくれる医療機関を探し、そこを受診して薬をもらうべきです。

・サプリメントの利用は気軽にできます。

更年期障害の症状とひとくちにいっても、少し気になる程度で薬を飲むほどでないと考える人もいます。

また現在は症状はそれほど出ていないけれども今後出ないように対策として何かをしておきたいという人もいます。そのような人はサプリメントを服用しておくと、体に大きな副作用もなく更年期障害の症状の悪化や発症を落ち着かせることができるのです。

更年期障害に効くサプリの成分と選び方

まとめ

更年期障害は加齢に伴うホルモンバランスの乱れが原因となることから避けることはできずあっても致し方ないものですが、その症状を我慢する必要はありません。

症状の緩和方法はいくらでもあるので、自分に合うものを見つけて更年期障害に悩まされないような人生を送るべきです。

-全国の婦人科

Copyright© 更年期サプリおすすめ(市販・通販)比較ナビ , 2018 All Rights Reserved.