更年期の知恵袋

若い女性にも更年期症状が急増?若年性更年期障害の症状・原因・対策、セルフチェック・治し方ついて

投稿日:

若年性更年期障害とは

更年期障害はだいたい45歳から55歳の女性の人におこる症状だと思ったりしていませんか?

昔は更年期障害といったら生理があがる年齢を重ねた人におこっていましたが現在では、若い人でも更年期障害というものがあるのです

私も年齢が若いため更年期障害は自分には全く関係がないと思っていましたが、年齢に関係なく誰でもおこりえると思うので、いざ自分がそうなった時に知識はあったら特をすると思います。

あまり若い人の更年期障害は世間では知られていないため、私なりに若年性更年期障害について調べてみたので説明をしていきますね。

若年性更年期障害とは

若年性更年期障害とは、本来妊娠や子育てに最も適しているはずの20代・30代の女性に起こる、更年期障害に良く似た症状のことです。

では若年性更年期障害はいつから?そしてなぜ起きるのでしょうか。

更年期障害と若年性更年期障害の違うはどのような違うがあるのでしょうか、?

更年期障害と若年性更年期障

若年性更年期障害と更年期障害の大きな違いとして挙げられるのは、閉経しているかどうかということです。

一般的には更年期障害は閉経する時期におこり加齢によって卵巣の機能が低下することから様々な症状がでたりします。

更年期障害は、閉経にともない卵巣の働きが衰え、女性ホルモンである「エストロゲン(卵胞ホルモン)」の分泌が急激に減少することで起こります。

引用:更年期障害の原因|エンジョイ エイジング【更年期障害の情報サイト】

しかし、20歳代から30歳代の人の若い年齢の時期におこってしまう若年性更年期障害の場合は、生理があり卵巣の機能も低下していないにもかかわらず、普通の更年期障害と似たような症状があらわれてくるのです。

普通の更年期障害は、加齢により卵巣の機能の低下によりおこってしまう症状なのですが、一方で若年性更年期障害は自律神経からの卵巣の機能の低下することで体内のホルモンのバランスが崩れておこってしまうので、ホルモンバランスが崩れる原因に違いがあるようです。

ホルモンバランスが崩れることから若年性更年期障害もおこるということは、年齢が若い人でも私はまだ大丈夫、と人事のようには思わないようにしておいた方が良さそうですね。

 

若年性更年期障害の場合には、卵巣機能には問題がないので、治療をすれば元通りになる可能性が高いのです。

更年期障害の場合には生物的な理由による加齢から来ているものなので、あまりにも症状が強くてつらい場合には緩和する治療を行う場合もありますが、基本的には治療は行いません。

このことが若年性更年期障害と更年期障害の一番の違いといえます。

若年性更年期はどうしておこってしまうのか、その原因とは、?

若年性更年期はどうしておこってしまう?

若年性更年期障害の原因としてまず考えられるのは、「自律神経の乱れ」です。

自律神経失調症という病名でも知られている自律神経とは、私たちが寝ているときも起きているときも24時間休みなく働いている神経のことです。

自律神経には、循環器・呼吸器・消化器・内分泌機能・生殖機能の働きや、発汗や体温調節、代謝の調整する大きな役割があります。

自律神経は交感神経と副交感神経から成っており、昼間は交感神経、夜間や寝ている間には副交感神経が優勢となって働いています。

この2つの交感神経が絶妙なバランスを取りながら、私たちが快適に過ごせるよう働いてくれているのですが、強いストレスなどが加わってしまうと、このバランスが崩れてしまうことがあります。

昔の時代は男性の人達が外に働きにでて女性は自宅にいて家庭を守り、家事や育児に、家族みんなが暮らしていきやすいようにサポートをしていましたが今は昔とは違って女性も社会にでて働くような時代へと徐々に変化してきています。

そのため女性も男性の仕事をするように当たり前に毎日遅くまで残り残業や、休日にまで仕事に出勤したり心身ともに負担がかかりストレスを抱える時代となっています。

女性の身体は男性の身体とは違い、とってもデリケートなためストレスや、疲労がたまっていたりすると、身体に症状がでやすくなっています。

 

他にも原因としては、ストレス、激しいダイエッというや運動のトレーニング、睡眠不足、太り過ぎやタバコが原因となっています。

 

過度な労働、ストレスや、激しいダイエットやトレーニングは、精神的にも肉体的にもストレスを抱えていることになりますので、無月経をひきおこしてしまったりします。

太り過ぎは、太り過ぎていることから、ホルモンバランスが崩れて生理不順になり、睡眠不足は正常なホルモン分泌ができなくなります。

タバコは、エストロゲンの分解を早めてしまい、卵巣の機能が低下してしまいます。

若年性更年期障害はどういった症状が心身にあらわれるのか

若年性更年期障害はどんな症状がでてくる?

若年性更年期障害の代表的な症状としては、「顔のほてりや発汗」「イライラ」「頭痛・肩こり」「疲れやすい」「不眠」などがあり、更年期障害と非常によく似ています。

イライラや不眠、食欲不振など、1つではなく症状はいくつか重なったりすることもあります。

若年性更年期障害の中の症状で放置してはいけないのが、生理不順や無月経です。

私も少し仕事で疲れていたり、悩みがあったりすると生理日にちがバラバラになってしまうこともよくあり、それでも放置してしまっているのですが、本当であれば、普通に生理がくる年齢ですので、年齢が若いうちに生理不順になってしまうと妊娠ができなくなる可能性が高まってしまう事があるようです。

若年性更年期障害の症状は身体にとってはあまり良くない事が多いのです。

まだ、子どもがいなくて今から出産を計画している方は早めに病院に行った方が良さそうですよ。

私って若年性更年期障害?まずはセルフチェックをしてみましょう

若年性更年期障害のセルフチェック方法

30代なのに、上記で挙げたような更年期のような症状を感じていて「もしかしたら若年性更年期障害かもしれない」と思ったときには、まず簡単なセルフチェックをしてみましょう。

その方法はとても簡単で、下記に挙げる症状のうち5つ以上が当てはまる場合には、若年性更年期障害の可能性があるといえます。

  • 月経不順
  • 手足の冷え
  • 頭痛やめまいが続いている
  • 肩こり・腰痛で悩んでいる
  • 倦怠感が強い
  • いきなり汗が出て止まらなくなる
  • 特に理由はないのにイライラする
  • 寝つきが悪くなった
  • 息切れ・動悸
  • 顔がほてる
  • やる気・元気が出ない
  • 肌のカサつきが気になる

このような症状にチェックが8つ以上あったら若年性更年期障害になっている可能性が高いです。

まずは、産婦人科を受診してみると良いです。

更年期の予防に おすすめサプリ

若年性更年期障害は治る!

若年性更年期障害はホルモンバランスの崩れなどから発症してしまいます。しかし普通の更年期障害とは違ってまだ卵巣の機能がだいぶ低下しているわけではないので、改善する見込みがまだまだあるのです。

そのため若年性更年期障害になってもまずは落ちこむ必要はないですよ。

若年期更年期障害の場合には、更年期サプリを摂ってみたりして、自律神経バランスの乱れの原因となっているストレスなどを取り除いてみましょう。

また、日常生活ではなるべくストレスを抱えこまないで、体重も適切な体重を保ったり、規則正しい生活を送るようにするなど心がけると症状を改善することができます。

若年性更年期障害を疑った場合には不安になりすぎることなく、ゆっくり休んだり、場合によっては適切な治療を受けることがとても大切ですよ。

-更年期の知恵袋

Copyright© 更年期サプリおすすめ(市販・通販)比較ナビ , 2019 All Rights Reserved.