悩んでいる男性

早漏は、性行為を行う時に男性が意図せずに射精に至ってしまう状態のことです。極端な早漏は満足な性行為を行うことができない原因になるため昔から男性の悩みでした。このためさまざまな改善方法が知られますが、特に医薬品を用いた改善方法は確かな成果を得ることができるものです。ただ医薬品を用いる場合には、相応のリスクがあることや費用がかかるなど、デメリットも知った上で利用することが本当の意味での早漏を改善するためには大切です。

そもそも早漏になってしまう理由

早漏の定義そのものは明確に決まったものではなく、また射精することができない射精障害と比べれば医学的に見れば問題とされにくいものです。しかし、人間の性行為はコミュニケーションの意味もありますから、あまりにも早すぎる場合には、十分な効果を得ることができず、またパートナーを満足させることができないために不和になることもあります。この事を思い悩んで精神的な負担になる、ということも否定できません。

一般的に早漏の定義としては挿入後1分以内に射精するものとされますが、現実としてみればパートナーが満足できず、時間的に早く達してしまうような場合には、早漏とも言えます。原因として考えられるものは過敏性や心因性、衰弱性、病理性の4つに分類され、健康な男性の場合であれば前者の過敏性と心因性が考えられます。

過敏性は、ペニスそのものが刺激に対して敏感であることで、少しの刺激でも射精に至ってしまうというケースです。このタイプで見られるのは性行為の経験が少ないような場合や、包茎によって亀頭が刺激に弱いといったことが考えられます。あくまでもペニスが刺激に対して反応しすぎることですから、刺激を受けにくくしたり経験を積めば刺激に慣れていくので改善していくものです。一方で心因性も過敏性と同じで、こちらは精神的に興奮しすぎる事が挙げられます。性行為の経験が少ないことはもちろんですが、過去の経験がトラウマとなって射精に至るまでの時間が短いことがあります。こちらは、過敏性とは異なり心の問題で、性行為の経験数が少ない場合には次第に慣れますが、過去のトラウマが原因である場合には考え方を変えるなどの工夫が必要になります。

また、衰弱性は加齢によって起こるものです。加齢の場合には勃起不全になったり射精しにくくなるというイメージがありますが、反対に射精に至るまでの時間が短くなる事もあります。この場合には射精をコントロールしているPC筋が弱まることなどが考えられるものです。加齢による男性ホルモンの低下も考えられます。病理性は病気が原因で起こるもので、この場合には膀胱炎や前立腺の炎症など性器周辺が炎症することで過敏になって起こることや、神経系の疾患でもなるものです。

昔から知られている改善方法について

早漏の悩みは昔からあるもので、さまざまな改善方法が考え出されています。一般的には射精に至るまでのメカニズムとしては神経が興奮することで起こるものですから、興奮を抑えることに効果があるものです。このため性行為中に別のことを考えるという方法で、例えば畳の目の数を数えるとか、適当な数字の計算をするといったことがあります。しかし、ある程度の効果は期待できますが毎回射精を抑えられるとは限りません。またこれらは心因性に対しては効果はあっても過敏性や衰弱性、病理性など肉体的に問題があるような場合には必ずしも十分な効果を得られるものとは言い難いものです。

過敏性の場合には、刺激に過敏になっていることで、経験が少ないことはもちろんですが、この原因となり得るものは日頃の性生活にも影響しています。例えばオナニーをするにしても、短時間で射精してしまっていれば、パートナーと性行為をする時にも短時間で射精する癖が出てしまうものです。このためオナニーをする時には時間を掛けて行うことや、頻度を少なくして欲求を抑えるといった工夫が昔から行われています。
また包茎の場合にはペニス先端部の亀頭が皮に包まれている状態であり、刺激を受けることで射精を促す亀頭が過敏な状態にあれば、やはり早くに達してしまいます。この場合には亀頭が刺激に慣れる必要があり、亀頭を可能な限り露出しておくことや、オナニーをするにしても亀頭オナニーをして刺激に慣れさせるといったことが行われているものです。厚めのコンドームを使うことでも刺激を和らげることができ、現実に早漏対策のコンドームとして売られています。医薬品を用いた方法もあり、この場合には麻酔成分のあるクリームを亀頭に塗布することで刺激を和らげることも知られる方法です。
また衰弱性の場合にはPC筋が弱ることで起こるものですから、トレーニングで鍛えることで改善が出来ます。これは、他の原因でも改善効果が期待できるものです。

ただ、やはり昔から行われてきた早漏改善の方法では、劇的な効果を望むことは難しく少しずつ身体に慣れさせていくことが大事で、これは医薬品を用いた場合でも同様のことになります。

記事一覧
早漏にはジェネリック医薬品のプリリジーを使用するのがおすすめです

早漏の改善にはさまざまな方法がありますが、医薬品を用いる方法のうち身体の内面から行うものも登場しています。これは過度な興奮を抑えることで、射精に至るまでの時間を長くするというものです。一般的に日本人の性行為を行う時の平均挿入時間は7分程度で、女性が求める平均挿入時間はそれ以上の時間を求める傾向にあり...

2019年12月26日
スーパーPフォースの使い方と服用後はどのくらい効果があるのかを教えます

ED治療と早漏治療を一度に行うことができるスーパーPフォースですが、その使い方については正しく理解しておく事が必要です。特にED治療に効果があるシルデナフィルは、経口降圧剤としての効果があるものですから、心臓など循環器系に問題を抱えているような人は使用してはいけません。スーパーPフォースの効能・効果...

2020年01月28日
気になる早漏を治療する際には病院に通い診察を受ける事もお勧めです

早漏そのもの性生活においての問題であり、普段の日常生活にはまったく影響を及ぼさないものですが、やはりパートナーとの信頼関係を考えれば、早漏を改善して充実した性生活にしたいと考えるのも当然のことです。また早漏が原因で性行為が上手く行かないことや、性行為そのものに自信がもてないといったことから、精神的に...

2020年01月03日
早漏は複数の原因が有りますので、個人毎に最適な治療を行う事が必要です

早漏の原因は、過敏性、心因性、衰弱性、病理性の4種類で、これらが単独で発生するというものではありません。複数の原因が同時に起こることで、努力をしても早漏が改善しないということもあります。このため、改善を目指すのであればその原因を突き止めて、適切な治療を行うことが大切です。現在利用できる早漏治療薬とし...

2019年12月30日
通販で人気の高いスーパーPフォースを利用してみる事もお勧めです

EDとは勃起不全や勃起障害と呼ばれるもので男性が、性行為の時に十分にペニスを勃起させたりそれを維持することが難しい状態を指します。ED治療薬としてはバイアグラなどが知られ、それらを用いれば劇的に改善することが可能です。一方でEDが起こる時には、たいていは早漏を併発してしまいます。このような問題を解決...

2019年12月28日